2月3日は節分ですが、「季節を分ける」ことから節分といいます。

本来は春夏秋冬全てに節分があるそうですが、現在は春の節分だけを

「節分」呼ぶようになったみたいです。かつては大晦日的な意味合いも

あり「鬼やらい」の行事が行われ、「節分の豆まき」として

現在に伝わっているそうです。